和歌山県租税教育推進連絡協議会

ホーム税について学習しよう > 和歌山県内で税金の使いみち
和歌山県内で税金の使いみち

私たちが安心して暮らすため、国や地方公共団体が提供する公共サービスにはさまざまなものがあります。

国や地方公共団体の仕事は、その性格や規模などに合わせ決められます。国は、裁判、外交、防衛、貨幣発行、教育文化の向上などのように国が成り立っていくために直接必要な仕事や、全国統一的に行う仕事などを行っています。

地方公共団体は、教育、住宅、清掃、上・下水道、道路・公園の整備、警察、消防活動などの地域に密着した仕事を行っています。

また、国と地方公共団体は、あらゆる仕事を通じてお互いに協力し、仕事がスムーズに進められるように努力しています。

具体的に、和歌山県内での税金の使いみちを見てみましょう。

  • くらしを守る「安心」のために
  • 災害に備えた「安全」のために
  • 未来を担う「子どもたち」のために
  • 成長に向けた「挑戦」のために
前のページへ
次のページへ
  • 税について学習しよう
  • 紀の国森づくり税
  • 和歌山県の財務状況
  • 税の学習コーナー
  • 中学生の作文表彰作品
  • 高校生の作文表彰作品
  • 租税教室講師専用サイト「eラーニング(おタックスタディ)」
  • お問い合せ